造花 プリザーブド花飾
mi-mu [ミーム]

造花・プリザーブドフラワーでアレンジレッスンができて、ブライダルブーケも自分で作れる、大阪中崎町のお店です♪

上司からいただいた心に残る忘れられない話

【mi-mu 10周年、出会いの素晴らしさを改めて感じる】

件名:またね・・・から始まった上司からのメール文章。大切に、ずっと心と記憶にある内容です。
約20年前、当時28歳、海外勤務を終えて帰国する際にいただいた言葉です。

これからの人生、何があろうと「これでいいのだ!」でやっつけていかれることを願ってやみません。
この言葉を言った人(キャラクター?)はすごい懐深くて愛にあふれてどうしようもないほど脳天気な人でした。

今の世の中、本当に自分で自分のことを「これでいいのだ!」と言えるには、何かと余計なものがくっつき過ぎてしまっているのかもしれません。

聞いた話ですが、誰にでも「すっげー幸せ君」というのがその人をつかまえようとして追っかけて来るそうです。
だけど皆その存在に気づかぬどころか、その追っかけて来る幸せ君を遠ざけるようなことばかり、日々繰り返しているそうです。

不平不満愚痴泣き言悪口文句が口から出ると瞬時に「すっげー幸せ君」は、あなたから数百メートル引き離されるそうです。また、恨み事などとてもネガティブなことを言ったりすると、背後に画びょう、手裏剣、地雷がまかれるそうです。
しかし、「愛」そのものでしかない「すっげー幸せ君」はあなたに悦びを与えたい一心でどんなに引き離されようが、足が傷だらけ、血まみれになろうとも、あなたを捕まえようと、必死で追っかけてくるそうです。

ちなみに、どんな人でも3か月間、一切不平不満愚痴泣き言悪口文句を言わず思わず過ごすことができると、この「すっげー幸せ君」て奴が追い付きつかまえてくれるそうです。
・・で、その後は世間では偶然とか奇跡とか「ウッソー!」といか言う変化に次々遭遇しはじめ、とてもワクワクして充実した日々がはじまるとのことです。

ありがたい話ですが、なかなか実践は難しく、迷った末に悟ったものが、あのバカボンのパパのセリフ「これでいいのだ!」でした。
この言葉がいつも言えていれば「すっげー幸せ君」に会えるんじゃないでしょうか。

自分の真ん中のそのまた真ん中から聞こえてくる声に集中して、その声に従っていれば大丈夫ですよ。お互いがんばりましょう・・・との内容でした。

最後には、将来違った場面でまた一緒に仕事してそうな気がします!それもまた面白いじゃないですか。・・・と。

あれから20年、縁が巡って出会えるような気がします。

素晴らしい上司との出会いも1つ、1つ1つのご縁が積み重ねになりmi-mu 10周年を迎えることができました。

全てのご縁と出会いに感謝しております。
ありがとうございます。

 

コメントを書く

CAPTCHA


Trackbacks:0

この記事のトラックバックURL
http://www.mi-mu.com/blog/unclassification/23027/trackback/
トラックバックの送信元リスト
上司からいただいた心に残る忘れられない話 from 造花 プリザーブド花飾 mi-mu [ミーム]